ふと思ったことなど自由気ままに。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
talking
人は話しても分からないこともあるけれど
話さないと分からないこともたくさんある。

だから話す前から壁を作ってしまうのは惜しいなって思う。
作ってしまいがちなんだけど。。

でも話すって価値あるものだなって思った。
つぶやき comments(1) trackbacks(0)
神様ありがとう。
自分が経験したからって
相手の痛みを理解出来るなんて決して思わない。
分かるよっていうのは傲慢だと思う。
自分が悩んでる悩みに対して分かるよっていう言葉に
励まされたのは確かに事実だけど
少なくとも自分はその言葉を使うほど
その人の痛みなど知らない。想像にすぎない。

だけど、自分も悩んだからこそ悲しんだからこそ
同じ悩みでなくとも相手の悩みに耳を傾けることができる。
聞くことしかできないけれどそれがその人を励ますことなら嬉しい。

楽しみだけでなく痛みも人間には必要なんだってことを知った気がした。
本当に知った”気”でいるだけでまだまだ何も知らないんだろうけれど。
つぶやき comments(0) trackbacks(0)
本音
今、自分は周りとは違う道を歩もうとしている。
まわりと違うことに楽しみを感じてる反面、不安もある。

だけど神様が共にいるってことを知ってることが
今は一番の武器だと思ってる。
頑張ろうっと。
つぶやき comments(0) trackbacks(0)
嫉妬はよくないね。
誰かに何かに嫉妬するって、神様に感謝しきれてない証拠だよね... 神様が与えてくださっている今に満足して生きるものになりたい。
つぶやき comments(4) trackbacks(0)
分からない。
神様は必要ないと私から力を取られたハズなのに、 私は最新の技術によって、その力を得ている。 うーん... 分からない。
つぶやき comments(3) trackbacks(0)
I have two nieces. 
マジでかわいい。
いつも会いたくて仕方がない。
ただの叔母バカですね笑
でも「愛」ってこういうことなのかな、と。
なぜ彼らが好きなのか?って聞かれたって理由なんかない。
愛って理屈じゃないんだなって思う。
「愛」というものを私たちに示してくださった神様。
 私たちが良いヤツだから愛しておられるわけではない。
どんなに醜いわたしであっても存在そのものを大いに喜んでくださっている。
そんなステキな愛を示してくださった神様。
♪似た者になれたらそれは私にとって... 
愛ってなんだか「好き」の延長線上にあるように思えるけれど
そうじゃないんだなぁって思う。
神様はあなたの隣人を愛せよって語られてるけれど
隣人って嫌いな人も含まれると思うし。

ある人が「愛とは意思であり感情ではない」そう言っていた。
 将来、与えられるかもしれない伴侶。
その人のことも好きだから愛してるとかじゃなくて
神様が与えてくださったと信じてその人を愛しその人に仕えていく決心。
決心する時点で感情ではなく意思で、これが愛であり、また信仰なんだなぁって思った。
つぶやき comments(0) trackbacks(0)
| 1/1 |