ふと思ったことなど自由気ままに。
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
家族の救い
我が家は、クリスチャンホーム。
両親が兄弟がクリスチャンなのが当たり前だった。

だから正直家族の救いのために祈っている人の気持ちが
あまり分からなかった。というよりは、他人事のようだった。
(ごめんなさい。。)

でも今は私にもノンクリスチャンの義理のお姉さんがいる。
だから毎日、家族でお姉さんたちが救われるように祈ってる。

このことを通して神様は、家族のために祈ってる友の気持ちを
教えてくださったんだなって今日、思わされた。
彼らの気持ちと自分の気持ちが100%一致するわけじゃないにしろ
今、友達の家族が救われるように祈るとき、
自分のことのように、真剣に祈ることができるんだ。

神様、ありがとう。
- comments(6) trackbacks(0)
スポンサーサイト
- - -
Comment








私にもノンクリスチャンの義父ができた。
自分の家族だけが天国に行けたらそれでいいの?
どうやって伝えよう。
救われてほしい。
そんな切実な願いが祈りを生む。
まみの気持ちがよくわかるよ〜
from. hatoko | 2009/09/08 09:10 |
『Christian☆Home』―――。
Midoriと丸っきり“正反対”ですねぇ......。

☆Midoriは,元々『真言宗』で,高校も『浄土宗』でした☆
でも,今はChristianになって,家族の為に祈る課題が与えられました(◕ฺ‿◕ฺ✿ฺ)♡
from. 仲野 碧 | 2009/09/10 11:19 |
まみぃ〜
突然でだけど、Blogを引っ越しました。
ふたりでひとつの夫婦。
Blogもふたりでひとつにしようということで。
http://blog.livedoor.jp/isaiah_64_8/
リンクの変更よろしくお願いします。
from. hatoko | 2009/09/17 07:41 |
hatoko
わざわざリンクの変更のお知らせあいがとう!
ふたりでひとつのブログ素敵だね^^
お互い、いつか願いが届く日がくるといいね。
ほんとに。

仲野さん
浄土宗の学校だったんですか?
そんな中で救われたっていうのは
本当にすごいことですね。
お互い、信じて祈っていきたいですね。
from. m | 2009/09/21 08:58 |
ノンクリのために祈る。
私は両親のためにしました。
喧嘩も沢山あったけれど、主イエス様が母の夢に3日連続で現れてくださって、母が救われました。
その母を観ていて父も救われました。
今は二人とも天国にいます。
主に感謝です。
主に祈る人がいるってことも感謝な事だよね。
from. 千絵子 | 2009/10/08 01:10 |
*千絵子さん
ステキですね!
コメントを読んで、
私は、喧嘩以前に信仰的な話を義姉としたことが
なかったので、
祈るだけじゃなくて話すことも必要なんだなぁと
思わされました!
from. m | 2009/10/18 23:01 |
Trackback
この記事のトラックバックURL: http://truth323.jugem.jp/trackback/39
<< NEW | TOP | OLD>>